これからが楽しみな街、武蔵小山

首都圏、特に東京の方はご存知かと思いますが、品川区に武蔵小山という駅があります。今でも結構人気ですが、これからますます評価が上がるだろう・・・というエリアなんです!
今回はそんな武蔵小山のいいところ、住みやすさなどお伝えしていこうと思います?

☆武蔵小山駅の象徴☆

武蔵小山商店街パルム

武蔵小山駅の特徴、またはスポットとしてまず触れないといけない場所は何と言っても「武蔵小山商店街パルム」です!この商店街は武蔵小山駅東口から中原街道まで800メートルもあり日本一の長さを誇ります。
近年「シャッター商店街」と呼ばれ廃れゆく全国の商店街がある中で、数少ない盛り上がりを常にみせている稀有な商店街の1つです。
最近は○○祭りなるイベントなどもこの商店街を使って行われているそうで、老若男女問わず人が集まってくるので、休日には5万人ほどの人が訪れるそう!

☆知っておきたいこれからの武蔵小山☆

目黒区と品川区を股にかける武蔵小山はいわゆる「高級住宅街」のイメージがあるかもしれませんが、繊維業などの町工場が今尚残る庶民的な面もあり、商店街の中の店舗を見渡しても大手チェーンの飲食店から、靴やカバン、洋品を取り揃えた個人店まで多種多様な表情を垣間見せています。
そんな2つの顔を持つ武蔵小山では、今ちょうど再開発が進められており、商店街に隣接して高層ビルが建ち、高層棟・低層棟・広場・屋上庭園などに加え、商店街に面した低層階には新たに商業施設が入るとのこと。
これからもっと住みやすくなりそう・・・という気配が感じられ、益々盛り上がりを見せている武蔵小山は、再開発に伴って今後は家賃相場が上がってくるのではないかとも言われています。
これだけの住みやすさで、現在比較的安価に住むことができるが故に「穴場」なのです。
また、都内でも有数の子育て・教育で注目を集める品川区なので、子育て助成制度も豊富というハイスペック!

☆みんなが羨む最高のアクセス☆

武蔵小山駅の入り口

東急目黒線と多摩川線があり、新宿駅まではおよそ20分前後、渋谷まで約9分(乗車時間)。乗り換えの要・目黒まではなんと急行一駅わずか3分!
更には南北線・埼玉高速鉄道・都営三田線が直通で、様々な目的地へ比較的スムーズに向かうことができます!

賑わいと住みやすさの街、武蔵小山。

いかがでしたでしょうか?
今後、再開発に伴い家賃相場の変動が予想されるものの元々の賃料の低さも含め、自然、病院、飲食店の多さや子育て助成制度など特筆すべき欠点も見当たらないような街ですので、多少の値上がりで居住者が減ることはないのではとも考えられますし、今のうちに抑えておくのが良いのでは・・・?と、思われた方はまず一度、武蔵小山に遊びに行ってみてください!!